| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チィの大冒険

 これは天罰、とでも言うべきなんでしょうか。
 人を呪わば穴二つとはよく言ったもので、猫のしあわせ云々を偉そうに語った翌朝。
 チィがいなくなりました。
 最近、所用にていつもより朝が早かったのです。
 両親と一緒の時間帯に食事をして、外出する日が続いてました。
 25日の8時頃でした。
 庭にいた父が、「玄関あいてるぞ!」と叫んだのは。
 もう実家に戻って長いので、玄関を開放することなんてないはず。
 普段起きていないはずの時間、まさかという思いから確認しなかった玄関、庭で洗濯物を干していた母も気付かず、猫の入って欲しくない部屋のドアも閉め忘れる父。
 分析すると、お手本のようにミスが起こるべくして起こった状況なわけですが、その時はそんなこと言ってられません。
 あわてて外に飛び出して、隣にある某社の作業所でうずくまっているのを発見しました。
 頭ではわかっていたんだけどな。ダメですね。
 とっさに追いかけてしまった。
 チィは、多分、怒られると思ったのでしょう。逃げてしまった。
 作業場の裏の、人が通れるか通れないかの隙間、行き止まりになっているはずだと余裕こいて追っかけてました。
 そしたら、当然だけども、猫がすり抜けられる程度の隙間は山ほどあった。
 角を曲がったところで見失って、それ以降鳴き声すら聞こえない。
 しばらく探し回ったけど、聞き込みにも困って、一度帰って慌ててビラを作成。念のため警察と保健所にも連絡。
 その後、近所の人にビラを配りながら歩きました。
 出勤してきた作業場の方のご厚意で、猫くらい入れる隙間があるからと中を探させていただいたり、お向かいのおばあちゃんは一日日向ぼっこしながら見張ってくれてたり、逆向かいのおばさんは仕事の合間に外に出て見てまわってくれたり。
 たくさんやさしい手も言葉も貰ったけれど、それ以上に多かったのは「猫ごときに」という言葉と態度で。
 田舎ですから、未去勢・未避妊の野良猫も飼い猫も多いんです。完全室内飼いなんて、どうかすると虐待と言われかねません。
 どうせすぐ帰ってくるよとか、出てこないわりに死骸も転がってないよなとか、そんなことも言われました。
 捜索のビラやポスターを断られたことも度々でした。
 その度に辛くて苦しくて、でもチィは今もっと苦しいんだと思うとじっとしていられなくて。
 外の見える部屋に布団を敷いて、匂いのするフードと猫砂を家の周りに巻いて、猫の活動が活発になる夜中、何度も外に飛び出しては鳴き声さえ聞こえずに帰る日々。
 眠れないし、食欲もない。
 私の半分はマリで、もう半分はチィでできてるんだと、理屈じゃなく思いました。
 悲しいのか、怒っているのか、もうわからなくて。ぐちゃぐちゃになって、そのくせ呆然としていて。
 その気持ちを言葉で表すのはとても難しい。
 愛情って理屈じゃないんだと、夜中冷え冷えとした布団に思いました。
 家族はみんな協力してくれました。
 それでも中々出てこない。雨も降り始めてしまった。
 いなくなって3日が過ぎ、空腹も限界だろうし小雨になった時に出てこないだろうかと、夜を過ごしていた。
 考えてみれば、チィが初めてうちに来た時、三日は固まって動きませんでした。そういう根性のある猫でした。
 だから、きっと安全なところでじっとしているんだろうと。そう自分に言い聞かせつつ、野良猫や外犬に驚いて、遠くまで行ってしまっていたらどうしようかと。
 不安な明け方、いつもとは違う猫の鳴き声。
 考えるより先に体が動いていました。
 後で考えれば、発情期のオス同士の喧嘩と違って、声が高かったんですよね。
 慌てて、でもそっと急いでなるべく静かに作業場を覗くと、最初にチィを見かけたあたりでチィと野良のメス猫が睨み合っていた。
「チィちゃん」
 心が張り裂けそうになりながら、とにかく生きていてくれた、と名前を呼ぶと、小さな声でにゃーと鳴いた。
 相手のメス猫は、私がチィを呼ぶために設置した餌を食べたり、夜中のオス猫の大ゲンカの原因となったり、多少恨みがなくもなく。
 懐中電灯を照らして撃退。
 騒ぎを聞きつけて母も出てくる。
 チィの餌を持ってきてくれるよう頼み、私はそっとチィに呼びかけた。
「チィちゃん。かわいいちゃん。おいで」
 恥ずかしながら、私はチィを甘やかす時、かわいいちゃんと呼んでます。
 チィは、お姉ちゃん、と呼ぶように何度も鳴きながら、小走りに近づいてきました。
 目の前でにゃー、と鳴いたチィを抱き上げると、ひしとしがみついてくる。
 ああ、帰って来たんだ。ここに。私のところに。チィも、帰りたいと思ってくれてたんだ。
 外に出てしまった猫は、パニックで飼い主すら拒否するという話も多々あるけれど、チィは自分から戻ってきてくれました。
 3日と20時間。どれほど怖かったことでしょう。
 チィ、ごめんね。ありがとう。帰ってきてくれて、本当にありがとう。
 チィは泥と油と雨に塗れて、真っ黒で臭かったけれど、大きな怪我もなく、水で溶いてやったペースト状のネコ缶をぺろりと一缶平らげました。
 自分の感情を発散させるかのように泣きわめいていましたが、とりあえずの油と泥を洗い流して、しばらくすると自分から私に寄ってきました。
 そして、全身をすりつけてゴロゴロ。
 まだ半渇きの体のまま、ぴったりとくっついて、ベッドに転がって。すぐに安心したように眠ってしまいました。
 チィがいなくなった悲しみ、帰ってきてくれた喜び、どっちも言葉では表せない。
 ありがとう。本当にありがとう。探してくれた人たちにも、帰ってきてくれたチィにも。
 突然チィがいなくなってしまって、機嫌の悪かったマリは、臭くなったチィが帰ってきたことに少々困惑気味です。
 チィの方は、珍しく友好的なんですけど。外の子と違って、マリは性格が良かったんだなあと思ってくれないものかしら。
 体についていた油は、作業場の重機の物のようで、一度洗ったくらいではどうにもなりませんでした。
 チィが落着き次第、病院で診てもらいつつ相談して来ようと思います。

 最後に。今でも答えの出ないことがあります。
 私は、チィがいなくなったことをみいさん(保護主)さんに連絡しませんでした。
 どうすべきか悩んだから。
 相談したくもあったし、報告するのが義務だとも思った。
 けれど、探しに来ることもできない距離の人に知らせることが、果たして本当にいいことなんだろうかと悩んでしまって。
 もちろん、どこかで連絡はしなければいけないと思ってはいました。
 帰ってくるといわれる3日が過ぎたら?それとも一週間?
 一生しあわせにすると誓った猫に、こんなことが起こってしまって、本当に申し訳なく思います。
 人それぞれ、ケースバイケースなんでしょうが、どうしたら良かったのか、今でもちょっと答えはわかません。
 チィを外に出してしまったこと、ご報告とお詫びがこの記事であることを心からお詫び申し上げます。

 今回参考にさせていただいたのはこちらのサイトでした。

 猫が逃げてしまったら

 も、本当に二度とお世話にならないようにしたい……。 
 先ほどまで、家族と半ば喧嘩腰で今後の対策について話し合いました。
 玄関の内側に、もう一枚扉を付けてくれる方向で収まりそうです。
 夜、マリとチィには特別ネコ缶をあげて。
 人間たちは、姉が用意してくれたケーキでささやかなお祝いをしました。

 090629_1.jpg

 みんなで食べたケーキは美味しかったです。

 090629_2.jpg

「えらい目にあったにゃ……」
 と思ってそうな顔(笑)
 懲りてて下さい本当によろしくお願いします。
スポンサーサイト

| 猫と暮らす | 22:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

趣味嗜好の話

 話を引っ張りますよ。
 猫の話です。
 書いてたらすごく長くなったので、最初に里親募集っ子の紹介をさせていただきます。

ちゃとらとはちわれ
 一歳くらいの長毛サビ猫が里親さんを待っています。
 ふわっふわの被毛が超キュート。茨城県で保護中。

のら猫クーちゃんと4+1の子猫 
 お鼻がすっとしたサビ猫ちゃんと黒白ちゃんが里親さんを待っています。
 サビ猫数いれど、通った鼻筋がキュート。 東京都で保護中。

 ネットでちょっと検索しただけで、4匹くらい飼いたいと思うほど好みの子がいました。
 すでに里親さんが決定した子もしたので、現在募集中の二匹だけご紹介。
 猫は毛色で性格が左右されるそうですが、サビ猫は哲学者的な賢さを誇るようです。
 一度暮らしてみたい猫です。
 

 以下はだらっと書いてみた私のなりの考え。
 お暇だったら読んでみて下さい。

 私は元々は犬派でした。実家にいたころはずっと犬を飼っていたし、いずれはまた飼うつもりでした。
 猫を飼う気はさらっさらなかったんですよね。
 覚えてますよ。友達に「どうして犬派なのか」と尋ねられたときのこと。
 犬の好きなところは、主人に忠実であること。こちらの接し方次第で関係が良くも悪くもなることころ。
 対して、猫の嫌なところは飛んだり跳ねたり爪とぎしたりするところ。かわいがったからって懐くとは限らないところも嫌でした。更に外と中を行き来する不潔さね。
 うーん、私猫好きとは言えないなあ(苦笑)
 ま、実際今でも噛み猫とか引っかき猫は苦手です。前よりは随分かわいいと思うようになったけれど。

 それなのになんで猫を飼うようになったのか、ということですが。
 偶然なんですよね、正直に言うと。
 当時知り合った人に、猫飼いが多かったんですよ。それで意外に猫って飼いやすい?と思ったんです。
 猫飼いの人は御存知のとおり、上記した猫が嫌な理由って解決できることばっかりなんですよね。

 まず一番驚いたこと。猫の室内飼い。
 これで私の嫌なことの大部分が解決されました。犬の話題は気にしてたけど、猫を飼うつもりはなかったので、古い飼育方法しか頭になかったんですよね。
 悪戯は環境の整備でほとんど防げることがわかりました。
 室内飼いにした上で、避妊去勢手術の実施。これで攻撃性が大分薄くなることも知りました。
 さらに、うちは一人暮らしなので、まず確実にママと思ってもらえると知人から聞きました。
 ぶっちゃけると、当時は仕事がきつくてきつくて、本当に追い詰められてたんですよねー。
 勢いでペット可物件へ引越し決定。猫探しを始めました。

 肝心の猫探しはあっさり終了。
 飼ってみるならメインクーンがいいなーとぼんやり思っていました。小さい生き物より大きい生き物が好きです。犬だったらボルゾイ。
 検索をかけたらあっさりメインクーンの子猫販売サイトを発見。そこでマリちゃんに一目惚れしました。
 後で後悔したことですが、この当時の私は本当に何もわかっていませんでした。
 猫の飼育方法について大体ネットで調べたものの、肝心のメインクーンがどんな猫種か、どういう遺伝性疾患を持っているのか、何も知らないで決めてしまったのです。
 譲渡後ワクチンのために行った獣医で肥大型心筋症のことを知って、どれほど反省したことか……。
 皆さん、勢いは大事だけど自制も大事ですよとこれから猫を迎える人に言ってみる。
 ちなみに、引越し前にペットショップに行って猫の飼育について相談したところ、ケージ飼いを勧められたことで不信感を持ち、ブリーダーからの直接購入を決めたことは記載しておきます。
 その後色々調べた結果、私はペットショップでの生態販売に反対です。
 
 話を戻して、マリちゃんを迎えた後の話。
 マリはとってもおりこうさんでした。壁で爪とぎなんてません。トイレも失敗しません。迎える前、実家の母に猫の粗相が原因で電化製品から出火した家があるからとしつこく考え直すよう言われたのですが、今では実家の母もメロメロです。
 多少の飛んだり跳ねたりは仕方ないですね。それでも想像以上にお利口さんでした。
 ただ、分離不安の兆候が出ていて、それが気になっていました。ちなみに分離不安については「ねこのきもち」を購読するようになって知りました。

 二頭飼いを検討するようになりました。
 今の部屋でメインクーン2匹は辛かろう。マリがどれくらい大きくなるかわからないし、2匹目の体格もわからない。
 でも、大好きなメインクーン以外を迎えるんなら、血統書付きである必要はないんじゃないの?と。
 ふと思いついて、ネットで里親募集している子を検索してみました。
 まあ、いるわいるわ……。
 正直いすぎて悩みますね。
 この頃、私の姉も犬を飼おうか悩んでいました。
 彼女は結局保護された子のうちから一頭という選び方が出来なくて、血統書付きの犬を飼うことにしました。
 ほんと、基準って難しいですよ。
 どうせ暮らすのならかわいい子がいいです。好きな子が。
 でも、今にも里親さんが見つからないと処分、というような子がいるんです。現実に。
 命の選択をするということは辛い。

 私は結果的にチィを選んだわけですが、その経験から言えることがあります。
 選ぶということは辛い。
 でも、現時点で、里親を求めている子は星の数ほどいるんです。
 最初は好きな色、柄でよい。
 マリはメインクーンだった。チィは白黒猫だった。
 その中で見ているうちに、気になって気になって、何度も写真を確認しちゃう子っています。
 それが運命の子。

 血統書付きの犬や猫、良いじゃないですか。
 だって好きなんですもの。パートナーとして選ぶんだから、好きな子を選ぶべきですよ。
 その子を愛しいと思う気持ちが、その子の仲間を守る気持ちに繋がるんじゃないのかな。
 だから、大事な大事な運命の子を探せば良いと思う。
 ただ、出来るなら、その次の運命は、保護犬保護猫たちから求めてはどうでしょう?
 見てみてダメなら仕方ない。運命じゃない子をあえて迎える必要はないです。
 宝くじと同じですよ。もしかしたら、そこに運命があるのかも知れないから。
 そうしたら、あなたも、犬猫も、保護した人も、みんな幸せになれますよ。

 で、最後に。
 子猫や子犬にこだわらないで欲しいなーと思います。
 チィはうちに来たとき、すでに二歳半でした。
 みいさんの一生懸命さがブログから伝わってきて、特徴的な柄だけど私はとってもかわいいと思ったし、落ち着いている大人のお利口さんが欲しかったから何の問題もなかったんですよね。と、同時に私ほどチィをかわいいと思う人が他に現れるか不安もあったし。
 うーん、これもある種の勢いか?(笑)
 でも一般的に大人は敬遠される。
 子犬子猫、かわいいですよ。
 でも、大きくなります。色が変わります柄が変わります体格も性格も変わります。
 大人犬、大人猫、落ち着いてます。はしゃいだりしません。
 でも、完成した姿です。性格も安定しています。そして、保護主さんにもよりますが躾が済んでいます。
 子供よりも慣れるのに時間はかかりますが、いつかわかりあえます。だって犬や猫は、人間と暮らすように出来ているんだから。
 もしも大人犬大人猫に運命らしきものを感じたら、問い合わせてみて下さい。お見合いしてみて下さい。
 臆病で神経質なチィは、へそ天して寝るようになりました。
 運命に年齢も色柄も関係ありません。
 性格は、ちょこーっとあるかもだけどー。

 とっても長い今日のブログ、ここまで読んで下さった方にありがとうございます。
 ここまでを踏まえて、記事の最初の里親募集情報を見ていただけたらと思います。

 マリもチィも私の運命の子。
 これからもずっと幸せにしていきたいです。

 18.jpg

「長っ!」
 ……面目ない。

 

 ブログランキング参加中。
楽しんでいただけましたらクリックお願い致します。
blog.gif

| 猫と暮らす | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫道

 某巨大掲示板から転載。

 男友達の家に行ったら、お猫さまが居た。
 しかし中々のツンデレらしく、初見の自分には全然寄ってきてくれない。
 で、友達に聞いたら、最近この問題を解決する画期的な手法、その名も「猫道」が開発されたと言う。
 なんでも猫に撫でさせて貰えない友達の姉が編み出したらしい。
 遣り方はまず、床に居る猫に対し、あらかじめ遠い間合いで正座する。
 正座したままで猫に接近する。猫がピクリと反応したら接近をやめる。
 猫がピクリとするまで接近したら、猫に対し深々と頭を下げ、地面にこすりつける。そのままじっとする。
 すると猫さまが寄ってくるではないか!しかしここで顔を上げてはいけない。そのまま待っていると、猫様が頭を踏んでくださるので、そうすると顔を上げて良い合図だ。
 思う存分、猫様に失礼のない程度に愛でる。
 以上。
 しかし人前で頭を地面に擦り付けるのはアレだったので、男友達がトイレに行ってる間にやってみたら、猫様に襟元に侵入され、動けなくなったときに男友達にそれを見られてこっ恥ずかしい思いをした。


 と、いうことらしい。
 ツンデレと言えばうちのチィさんですが、先日はチィさん友達にあっさりゴロゴロ言っていたので猫道実践されていません。
 これが本当なのか気になります。
 ちなみに私がうちの猫たちにやってみたところ、「何してんの?」と匂いかがれて終わりでした。
 真実はどこだ。

 ブログランキング参加中。
楽しんでいただけましたらクリックお願い致します。
blog.gif

| 猫と暮らす | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。